自宅で手軽に筋トレ15分~メニュー

ダイエット目的で筋トレを行う方は多いと思います。 しかし筋トレは継続しなければ筋肉も付きませんしダイエット効果もありません。 筋トレ初心者の方でも手軽に取り組め継続しやすいメニュー構成でご紹介したいと思います。 継続する為のポイント ①本人の強い意志 当然ですがまずは本人のやる気が無ければ何事もスタートしません。 まずは目標(体重、体脂肪率など)や、期限を明確にする事から…

続きを読む

私の筋トレメニュー

私自身が行ってる筋トレのメニューです(以前のものと少し変えてます) 時間効率重視でメニュー、セットを組んでます。 ①ベンチプレスとレッグレイズ 8セット(胸とお腹)所要時間約20分 ベンチプレス↑ レッグレイズ↑ ベンチプレス10回行い、終わったらバーベルの重りを5k~2.5k下げて、すぐにレッグレイズを20回行います。(この間約1分) レッグレイズが終わったらすぐに…

続きを読む

スロートレーニングの正しい方法を覚えて自宅でダイエット!

スロートレーニングについてご説明します。 スロートレーニングとは? その名の通り筋トレの動作速度を極端に遅く行うトレーニング方法です。 バーベルなどの器具を使わなくても筋トレの強度、負荷を上げる事が出来るので怪我のリスクも減り、自宅で手軽にできるので女性や高齢者にもお勧めです。 通常の自重筋トレとの違いは? 筋トレを正しいフォームで継続的に行うと当然、筋力や体力は向上していきま…

続きを読む

ドローインの効果的なやり方

ドローイン(DROW IN) ダイエットに関心のある方でしたら一度はドローインとうい言葉を聞かれたこ事があると思います。 ドロイーンの正しいやり方をご紹介します。 ドローインを活用したダイエットがここ数年で認知され始めてますが、あまりダイエットに関心が無ければ、まだまだ知らない人の方が多いかも知れません。 正しくドローインのやり方を身に付けて、上手く取り入れればダイエット効果も期待で…

続きを読む

自宅で出来る筋トレメニュー

自宅で簡単に出来てダイエットにも効果的な筋トレをご説明します 腕立て伏せ バストアップ、二の腕の引き締めに 基本となる姿勢は床に手をつき、幅を広めに肩幅の1.5倍程度に開きます横から見て体全体が足先から頭までが一直線になるようにキープするようにし、お尻が下に落ちて反った状態にならないように腹筋にしっかり力を入れます。 すべての動作を通して体を一直線に維持し、大胸筋と上腕三頭筋…

続きを読む

筋トレフォームや動作速度などの注意点

筋トレを行う際の注意点 フォーム、動作速度、可動域などを意識しながら筋トレする事によりトレーニングの質、効果が全然変わってきますので最初のうちにしっかりと身につけましょう。 正しいフォーム 筋トレを行う際、反動を使ったり標的では無い筋肉を利用したりせず、常に正しいフォームで行うことが基本となります。 動作の際に反動を使ったりすると効果が低くなってしまいます。 筋トレの効果を効率…

続きを読む

超回復と筋肉部位別回復時間の目安

筋肉は筋トレによって負荷を受けると筋繊維が破壊されます。 そして、回復する時に負荷を受けた時よりも強くなって回復する能力が備わっておりこれを「超回復」といいます。 この超回復という筋肉の特性を利用して定期的に筋トレによってに筋繊維を破壊し、筋肉を強くしていくのが「筋トレと超回復」の基本理論になります。 以下に筋肉の部位別の回復時間を記しておきます。 約24時間で回復…

続きを読む

スポンサーリンク↓

人気記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
↑クリックして頂けると記事がどんどん面白くなります。